Return to site

ガラス曼荼羅◇pema(蓮)

· Work,曼荼羅アート

20cm角のガラス曼荼羅pema

pemaとはチベット語で「蓮」という意味です

 

早朝に見る蓮の花には

たくさんのコロンコロンした水滴がついています

その水滴がゆらゆら落ちていくのを見るのが好きでして♡

 

それをつぶつぶガラスで表現してみました~(●´ω`●)

大好きな蓮の花

蓮の花は仏教では慈悲を表し、

極楽に咲いている花と言われています

インド原産の花で泥水であればあるほど

大きな美しい花を咲かすことから

「苦労や悲しいツライこと(泥水)があるからこそ楽しい事、嬉しいことが輝く(美しい花)」

人生は楽しいことばかりではないですよね~

誰でも嫌な事は避けたいですが

その経験は成長するチャンスでもあるし

「悟り」へ近づくことでもあるのです

成功して輝いている人(美しい蓮の花)

陰では失敗を重ねてたかもしれないし、人一倍努力してたかもしれません(泥水)

困難に立ち向かい、助けられ、応援され、、、花を咲かす

そのような経験を重ね

人間的に成長していくことで慈悲心も芽生えていくのでしょう

 

 

 

私はまだまだですが

いつか大きな花を咲かせたいですね~

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly