·

カナダから深夜に到着

さすが社会主義国!

荷物が出てくるのに2時間待ち~

これでも短い方らしい・・・

キューバといえばこの車のイメージ

ほんまにいっぱい走ってる

でもほとんどがタクシー、乗合タクシー

バンッ!とよく知らない私が勢いよく扉を閉めると

Oh!!!!Nooooooooooo

と、泣かれる(笑)

古い車を大事に大事に使っているキューバ

窓にはガラスが落ちないように木が挟んであったり

今のも破れそうなシートには

ドスンと座らず優しくそぉ~っと

  

乗合タクシーの金額は

1~2人で1クック

3人で2クック

行き先言って乗るだけでーす

ボラれる事もなく安心です

天気がよく気持ちいい!

 

キューバ人って明るいわー

昔、まだチェコスロバキアやった頃にプラハに行ったけど

全く違う!

同じ社会主義国と思えない明るさと安全さ

ギスギスしたとこもなく、闇両替も求められないしオトリ捜査官もいない

スペイン語はわからん言うてんのに

大笑いしながら説明してくれる人々

なんでか知らんけど

理解出来て目的地に着くという不思議な国

絵になる街です

カストロが亡くなった直後、喪中時にキューバ入国しましたが

でも次の日に喪は明けていた(笑)

どうやら喪中期間は音楽が禁止されていたらしく

ウズウズしていたキューバ人が爆発!なのでナイトクラブに行ってみた

今、人気のサルサグループ!かなりいい♪

にしても

キューバ人、熱い♡

密着して見つめ合ってねっとりと踊る恋人達

ギャングですか!?的なファッションの人がいたり・・

ギャングっぽいけどよく見たら・・・ミッキー?!

年季の入ったおじいさんがエロいサルサを踊ってたり

老若男女問わず楽しんでる姿は素敵だ~

きっとサルサが上手い男性がモテるんだろうな(笑)

「彼、イケメンだけどサルサがいまいち」

とか言ってたりして~(´∀`)

どちらにせよ

私はキューバ人と恋に落ちることはないなー

あんな熱い人たち、、、ムリ(笑)アタシ、アジア人なんで

宿泊はAIR B&Bで。

マダムのヤラさん

チョー明るくて面倒見がよくて優しい

お部屋もキレイで朝ごはんも美味しかった

 

カストロが亡くなり

今後のキューバについてどう思うかとかも話したよ

 

いろいろと制裁受けてて

貧しいのかと思ってたけど

食べ物は豊富だし

人々は優しく明るいし

このまま平和に発展していってほしいもんです

(共産党が強いってのが氣になるところ)

2人前はある巨大ラザニア

キューバの八百屋さん。ディスプレイはインドの勝ちかな(笑)

見よ、この芸術的なディスプレイ!インドのスイカ専門店(笑)

新鮮でないものをカットすると爆発するそーです

キッチンが殺人現場みたいになるねんて~コワ

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly