Return to site

2019年のカード

· 日々是々

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

毎年、元旦に1枚引きする「神様カード」

今年は見透かされたようなカードが出ました〆(._.)メモメモ

宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)

ただ見よ。風を見、季節を見るのです。 
感覚を開いて、眼力を身につけなさい。
すべてに季節があります。いつ何をすれば良いかが、

おのずとわかってくるでしょう。

そして、何をするにも、

これがいかに人のためになるのかを意識してください。

【カードからのメッセージ】
稲を司る宇迦之御魂神は、

お稲荷さんとして知られる食物と商売の神様です。
この口数の少ない神様は、厳しい目、迷いのない目をして、

グローバルな世界を、大自然を、あなたを見通します。


宇迦之御魂神のメッセージは、ただ「見よ」ということです。
風を、季節の変化を、相手の言葉を、五感(視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚)を開いて見れば、宇迦之御魂神のマジカルな力が、

あなたに何を選べば良いのか、
いつ何を始めればよいか、

いつ刈り取れば良いのかを教えてくれるでしょう。
季節がめぐる時、冬を迎えてから、次の年の用意をするのではなく、

まだ昼が長いうちに、長い展望をもって次のサイクルを見通してください。


このカードをひいたあなたは、

いつ、何をすべきかを迷っているかもしれません。
でも宇迦之御魂神は、あなたに思わぬ発見を約束しています。
異文化にふれ、世界を視野にいれた大きな視点を持ってください。


宇迦之御魂神の使いであるキツネが、

持っている鍵で目の前のドアを開いてくれるでしょう。
仕事をするのなら、宇迦之御魂神に願をかけてください。
方向性が決まります。


ただ収益も求めることのみを、

第一義に考えないようにと伝えています。
ビジネスを始めるなら、まず意図を定めよと。
その意図が「いかに人が喜ぶのか」にフォーカスしているなら、

おのずと豊かさのエネルギーも約束されています。

(出典『日本の神様カード』大野百合子・著)

【御利益】
五穀豊穣 産業興隆 商売繁盛 家内安全 芸能上達など

【テーマ】
ただ見つめる 疑いを持たずに選別する 利他の心

【神社】
伏見稲荷神社(京都府)
笠間稲荷社(茨城県)
祐徳稲荷神社(佐賀県)
志和稲荷神社(岩手県)
千住神社(東京都)など

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly